イーキャピタル株式会社が悪徳業者とは本当なのか?

イーキャピタルの契約プランは良心的な価格

イーキャピタルの契約プランについて話し合う人たち複雑な株式市場の状況を正確に把握するには深い経験と知識が求められます。
個人投資家が株式投資を行う上で必要となる情報を分析して提供するのが投資顧問業者の役割の1つです。
投資顧問業者が行う業務には投資判断に関する助言を行う投資助言代理業と、投資家から運用を任される投資運用業があります。
両方を行う事業者もあれば片方のみ専門的に行う事業者も存在します。金融商品取引法では銀行や証券会社と同じく金融商品取引業者という扱いです。
そのため事業を展開するためには、金融商品取引法に基づいて財務省に登録を受ける必要があります。
イーキャピタル株式会社は投資顧問業者の中でも投資助言代理業を専門に行う会社です。株式や債券など国内外の有価証券について独自の分析を行い、投資判断に関する助言を行っています。
イーキャピタルのサービスは会員システムに基づいており、4種類の契約プランが存在します。
サービスの流れは会員登録後に指導が行われ、それに基づいて収益を上げた場合には一定額の成功報酬を支払うというものです。サービスを受けるためにはまず会員として登録することが必要です。
会員はA会員、B会員、C会員、トライアルコース会員の4種類に区分され、それぞれサービスを受けることができる期間と登録費、会費が異なります。

A会員
A会員はサービスの提供期間が1年間です。その間は随時ファックス、電話、メール、Webサイトなどで助言を受けることができます。
面談による方法も可能です。基本的にA会員以外の場合にも同様の方法によりサービスが提供されます。
A会員は契約期間が長いため、登録費は税込みで108万円です。また会費も税込みで108万円となり合計で216万円となります。

B会員
B会員は1ヶ月に原則最低1銘柄以上の助言を受けることができ、契約期間は6か月です。
登録費は32.4万円、会費も32.4万円なので合計で64.8万円です。

C会員
C会員も同様に契約期間が6か月ですが3か月に原則最低1銘柄以上の助言が行われます。
登録費と会費はそれぞれ13.5万円なので合計額は27万円になります。

トライアルコース会員
トライアルコース会員の契約期間は1カ月です。契約期間中に原則最低1銘柄以上の助言が提供されます。
このコースに登録するためには上限価格で8.88万円が必要です。
一方、トライアルコース会員がその他のコースの会員になる場合には、それぞれ登録費と会費から8.88万円の2分の1が減額されます。
さらにC・B会員がグレードアップする場合にも変更前の支払い済みの登録費と会費がそれぞれ減額されるため、お手頃な価格でよりグレードの高いサービスを受けることができます。

気になる記事一覧

  • イーキャピタルで利用できる無料銘柄診断

    MainSingle01_417

    株式投資顧問サービスを提供しているイーキャピタルではさまざまなサポートで個人投資家を支援しているのですが、その中のひとつとして利用されているのが無...

    詳しくはこちら
  • イーキャピタルの契約プランは良心的な価格

    イーキャピタルの契約プランについて話し合う人たち

    複雑な株式市場の状況を正確に把握するには深い経験と知識が求められます。 個人投資家が株式投資を行う上で必要となる情報を分析して提供するのが投資顧...

    詳しくはこちら